第二次対戦を巡るいくつかの終戦日(DAY OF END WW2)

When do you know many Japanese think day of end of WW2? Japanese politicians says august15 but global standard says september 2. After ww2’s losed, Japanese army had fighted China and Russia etc to save thier lifes From august 15 to september 2 in 1945.

It is said that WW2 was a war that Japan did not declare war on the United States, and it was considered a problem at the start of the war, but it is needless to say that the bad procedure was regarded as a problem also at the time of defeat. Germany in Europe committed suicide on April 30. The surrendered document was signed on May 8.

In my opinion that the reason for the political dispute with the neighboring countries in this country is that the wartime historical education through international recognition is not properly done. Japanese history education at school has almost no contact with modern history, and the classes are over. The recognition of the history has been entrusted to individuals remarkably, and it can be said that the way has helped to foster human beings who repeat irresponsible remarks.

 


政治的都合上、ジャパン国内の終戦日と国際的な終戦日は異なっている。国内では8月15日を終戦日とし、国際的には9月2日とされている。この8月15日から9月2日までの間に世界で活動して大日本帝国軍はロシアや中国とも戦い続けた。

WW2はジャパン側がアメリカへ宣戦布告をしないで始めた戦争とも言われ、その戦争開始にも問題とされたが、敗戦時もその手続きの悪さが問題視されたことはいうまでもない。ヨーロッパにおけるドイツは4月30日にヒトラーが自殺をし、5月8日に降伏文書に調印がなされた。

この国で隣国と今なお政治的論争となる理由は国際認識を通じた戦時中の歴史教育を正しくなされていないからだと思う。学校における日本史教育は近現代史はほとんど触れず授業が終わり、その歴史認識は著しく個人に委ねられており、そのあり方はあまりに無責任な発言を繰り返す人間の育成に役に立ってきたと言えよう。

日本人だけが8月15日を「終戦日」とする謎

ヨーロッパ戦線における終戦